レーザーやホルモン注射などの治療行為による更年期薄毛治療

レーザーやホルモン注射などの治療行為による更年期薄毛治療

更年期薄毛にレーザーによる治療は全国の頭髪クリニックで実施されています。
ホルモン注射や点滴などでの治療は、副作用を考慮して慎重に行う必要があります。

 

レーザーやホルモン治療について

 

医療分野に使われるレーザーというと、どんな治療が頭に浮かぶでしょうか。
レーシック治療はエキシマレーザーを使用し、角膜を正確に削ることで有効な近視矯正を可能にしました。
人類最大の感染症であり、根治がむつかしい歯周病治療に開発されたレーザーにより歯周病治療は革命的に進化しています。

 

止血しながら切開を行うレーザーメスは、出血を最小限にとどめ術後の疼痛が少ないことから外科手術に汎用使用されるようになりました。
レーザー治療はシミやソバカスの除去、永久脱毛などの美容分野にも活用されています。
ホルモン療法は更年期障害の軽減のために減少した女性ホルモンを補充する方法です。

 

主な治療法としてはエストロゲンとプロゲステロンを、経口の飲み薬かパッチで経皮摂取します。
オーストリアでは更年期障害女性の56パーセントがホルモン補充療法を受けています。
次いでカナダ42パーセント、アメリカ38パーセント、ヨーロッパでは30から40パーセントが治療を受けるポピュラーな治療方法です。

 

更年期薄毛のレーザー治療

 

更年期薄毛の治療に使われるのは、ダイオードレーザーと呼ばれる波長の長いレーザーです。
ダイオードレーザーの特徴は、真皮の奥深くまで波形が届くことです。
毛髪は毛母細胞が分裂して作られていますが、ダイオードレーザーは真皮の毛母細胞に達し活性させます。

 

ダイオードレーザーは傷跡の早期回復や、免疫力の回復、自己治癒力の向上、自律神経の正常化などの治療にも応用されています。
照射時による痛みや他の組織を傷つける心配はありません。
ダイオードレーザーと供に更年期薄毛治療に注目を浴びているのは、パイオプトロンです。

 

パイオプトロンは太陽光線から身体や皮膚にとって有害な紫外線を取り除いた太陽光線です。
自然治癒力や免疫力の向上が認められている可視光線で、細胞を活性する働きがあります。
温熱効果がありリラックス感を味わいながら育毛効果が期待できます。

 

更年期薄毛のホルモン治療

 

ホルモン補充療法による更年期障害の軽減は治療方法として認められていて、健康保険の適応内になります。
更年期障害の治療としてホルモン補充療法を始めたおまけで、薄毛が改善された、髪にボリュームがよみがえったという話はあるようです。

 

更年期薄毛の原因の一つに女性ホルモンの減少が揚げられますが、両者のかかわりについて医学的に立証されているわけではありません。
疾病と判断されない更年期薄毛の治療では、ホルモン補充療法を含め健康保険対象外になります。

 

ホルモン補充治療は子宮がんや乳がんに多汗するリスクが高くなるというレポートもあります。
更年期薄毛対策にホルモン注射やホルモン補充療法を選ぶときは、専門家に十分相談してからにしましょう。

 

 

 

レーザーによる更年期薄毛治療は期待する結果が得られる人もいるようですが、時間の負担が必要になる治療方法です。
ホルモン補充療法については、リスクを理解したうえで治療に臨む必要があります。

 

 

当サイトのトップページでは、女性に人気の育毛剤「花蘭咲」(からんさ)の特徴やお得情報を紹介しています。

薄毛対策に「花蘭咲」(からんさ)はいかかでしょうか?


「花蘭咲」(からんさ)の詳細はサイトトップページをご覧ください。

レーザー,ホルモン注射,治療,更年期,薄毛治療

page top