更年期薄毛をカバーできるウィッグの使い方と選び方

更年期薄毛をカバーできるウィッグの使い方と選び方

更年期薄毛をカバーする方法として、ウィッグを利用する人が増えているそうです。
デザインも豊富になり品質もよくなって、薄毛隠しというよりファッション性の高さも人気のようです。

 

ウィッグの素材について

 

人工毛は丈夫で長持ちし、セットされたスタイルが崩れないというメリットがあります。
直射日光を浴びた時は人口毛独特の光沢が出てしまい不自然な印象になるのがデメリットです。

 

その点人毛は見た目や手触りも違和感がありませんが、毛根から離れた毛髪なので色褪せや傷みが早く耐久性に乏しくなります。
人工毛と人毛をバランス良く配合したミックスタイプのウィッグも人気の商品です。

 

形状記憶機能を持つ人工毛の扱いやすさを優先するなら人工毛のブレンド量を多くし、扱いやすさを保ちながら自然さを前面に出すときは人毛の配合を多くします。
人工毛も人毛も品質にはばらつきがあります。
ウィッグを実際に手に取って確かめるようにしましょう。

 

ウィッグを選ぶとき注意点

 

ウィッグを選ぶのに注意したいのは、地毛との色の調和です。
色を構成する要素は色相、明度、彩度の三要素で、いずれかが該当しないとウィッグが浮いて見えます。
ウィッグを試着した時は店内の照明だけではなく、自然光の下でもチェックしましょう。

 

ウィッグに合わせて地毛をカラーリングする方法はお勧めできません。
カラーリングによって頭皮はダメージを受け更年期薄毛が進行するかもしれません。
ウィッグは更年期薄毛をカバーして悩みを軽減してくれますが、ウィッグの為にカラーリングで頭皮に負担をかけるのは本末転倒です。

 

更年期薄毛をカバーするウィッグは、毎日朝から寝るまで普段使いするものです。
ヘルメットや帽子をかぶる仕事の人に薄毛が多いと言われているのは、頭皮がむれるからです。
薄毛を上品にカバーしながら、薄毛を進行させない通気性の良いウィッグを選びましょう。

 

更年期薄毛をカバーするウィッグの価格について

 

ウィッグはフルオーダー、セミオーダー、レディメードなどがあります。
フルオーダーなら自分の頭のサイズや形に沿ったもので、地毛の色や質にマッチした自然なウィッグになり、好みのデザインが指定できますが、価格は数十万円と大変高価になります。
セミオーダーウィッグは数種類の髪のサンプルとウィッグのデザインから自分にもっとも適しているものを選んで作ってもらいます。

 

レディメードは出来上がった製品の中から選択することになりますが、数万円位から十数万円程度と比較的手ごろな価格です。
ウィッグの寿命は手入れの仕方にもよりますが、おおよそ2年から3年とされています。

 

毎日使うのなら同じものをもう一台用意し、交互に使わなくてはなりません。
その他にウィッグ専用のシャンプーやトリートメントなどのケア用品や、定期的な専門家によるメンテナンス費用などが必要になります。

 

 

 

ウィッグは扱いに慣れれば、毎朝薄毛を隠すのに格闘する時間が時短できます。
生え際に目立つ白髪もカバーできるのでヘアダイの回数が減らせ、頭皮の改善につながります。

 

 

当サイトのトップページでは、女性に人気の育毛剤「花蘭咲」(からんさ)の特徴やお得情報を紹介しています。

薄毛対策に「花蘭咲」(からんさ)はいかかでしょうか?


「花蘭咲」(からんさ)の詳細はサイトトップページをご覧ください。

更年期,薄毛,カバー,ウィッグ,使い方,選び方

page top