MENU

更年期薄毛を上手に隠すためのお薦めの髪形について

更年期になると髪にコシやハリが失われてきて薄毛が目立ち始めます。
薄毛をカバーするといっても、いかにも隠しているようなヘアスタイルは避けたいですね。
簡単にできるけれど、さりげなくオシャレなヘアスタイルをご紹介します。

 

分け目を変えて薄毛カバー

 

最初に薄毛が気になり始めるのは、ヘアスタイルの分け目です。
いつも同じところを分け目にしているとその部分が薄くなりやすくなります。
分け目を変えると、薄くなった部分から後頭部がカバーできます。
人の髪の生え方によって分け目は自然に決まるので、最初は元の分け目にもどっているかもしれません。
何度が繰り返すうちに、自然に新しい分け目に落ち着いてきます。
ここでお薦めのアイテムは獣毛のブラシ、とくに適度の弾力のある豚毛ブラシを使いましょう。
静電気が起こらないので髪の痛みを抑え、髪の間に空気を含ませることでボリュームがでます。
頭皮を傷つけずにブラッシングできるので髪のつやが生まれます。
分け目の変更はとても簡単に薄毛をカバーでき、そのごの進行を食い止める方法です。

 

頭頂部や前髪の薄毛をカバーするヘアスタイル

 

頭頂部の薄毛を隠すのには、ドライヤーや逆毛でボリュームを出すことが多いでしょう。
時間が掛かりコツも必要なので、毎日になるとかなり面倒です。
一時的にカバーできても、ドライヤーの熱や逆毛を立てる摩擦で髪が痛んだり弱ったりしてしまい逆効果になります。
前髪を後ろに流し、頭頂部でクリップを使って止めるヘアスタイルなら、さっと気になる部分がカバーできます。
前髪に長さがあれば、ねじってポンパドール風に仕上げてもおしゃれです。
立体感のあるバレッタや大きめのクリップなどを使うとさらにトップにボリュームが出ます。
サイドから頭頂部で髪をまとめるスタイルにも応用できます。
前髪から頭頂部までの薄毛をカバーするにはカチューシャやヘアバンドを使いましょう。
カチューシャは目立つアクセサリーがついているものが、人の視線をそちらにそらす効果があります。
コットンやシルクなどの通気性の良い素材のヘアバンドは、すっきりしたまとめ髪を演出しながら薄毛を隠してくれます。

 

ショートヘアスタイルで薄毛をカバー

 

全体的に髪の張りやコシがなくなってきたと感じたら、ショートヘアにスタイルを変えてみてはどうでしょうか。
髪が短くなると根元から立ち上がりやすくなり、ボリュームが不足しがちなトップのアレンジメントがしやすくなります。
人の顔は目の位置が顔の中央にあると、若々しい印象になると言われています。
前髪を頭頂部から多めにとって顔に流れるようなシルエットを作ります。
襟足やサイドを短いスタイルになると、相対的にトップが豊かに感じられます。
このショートヘアスタイルは顔の中央に目の位置がくるので、若々しい印象になります。
パーマや整髪料、ドライヤーでのヘアブローは不要なので、髪への悪影響も軽減されます。

 

 

薄毛をカバーするヘアスタイルは、髪への負担も考えなくてはいけません。
ヘアスタイルを整えるためにヘアドライヤーやスタイリング剤、パーマなどを使いすぎると、薄毛の進行を速めることになります。
手軽でオシャレな薄毛をカバーするヘアスタイルが決まれば、今日も一日笑顔でいれそうです。

 

 

当サイトのトップページでは、女性に人気の育毛剤「花蘭咲」(からんさ)の特徴やお得情報を紹介しています。

薄毛対策に「花蘭咲」(からんさ)はいかかでしょうか?


「花蘭咲」(からんさ)の詳細はサイトトップページをご覧ください。

更年期薄毛,隠す,お薦め,髪形