MENU

更年期薄毛に効果的なサプリメントの選び方と飲み方について

女性の薄毛や育毛を目的にしたサプリメントは、インターネットを検索すると色々はタイプが紹介されています。
ホルモンや自律神経の乱れが原因とされる更年期薄毛に効果が期待できるお薦めサプリメントを捜しました。

 

エストロゲンを補助するサプリメント

 

大豆イソフラボンは女性ホルモンエストロゲンたいへん似た働きをします。
エストロゲンが減少して起きる更年期薄毛用対策に、大豆イソフラボンを主原料にしたサプリメントが開発されています。

 

大豆イソフラボンはエクオール産生菌でエクオールに分解され、女性ホルモンに同期します。
エクオール産生菌を持つ人の割合は50パーセントと言われています。

 

大豆を分解する腸内常在菌なので、大豆や大豆製品を食べる割合が少なかったり、腸内環境が悪かったりするとエクオール産生菌を持っていない可能性があります。
ラクトビオン酸はオリゴ糖の一種で、腸内環境を整えエクオールを生産するのを助ける働きがあります。

 

大豆イソフラボンサプリメントを3か月以上継続して摂っても、薄毛が改善された実感が持てない場合は、エクオールに切り替えてみてはどうでしょうか。
ラクトビオン酸を一緒に摂取すると、さらに効率が上がります。

 

細胞活性化が期待できるプラセンタサプリメント

 

プラセンタには動物由来と植物由来の2種類があります。
動物由来プラセンタとは豚や牛、馬の胎盤をさしますが、人由来プラセンタを構造が似ているという点で豚由来プラセンタが一般的です。

 

トウモロコシや小麦、米などの胚芽が植物由来プラセンタです。
動物由来プラセンタも植物由来プラセンタも成長や発芽に必要な栄養素を豊富に含んでいます。

 

大きな違いは細胞分裂を促す成長因子は、動物由来プラセンタにしか含まれてないことです。
動物由来プラセンタの成長因子は、衰えてきた卵巣を活性化させ女性ホルモンの分泌を促進する効果が期待できるといわれています。

 

また毛髪を成長させる毛母細胞にも働きかけ、細胞分裂が活発になると考えられています。
更年期薄毛対策には動物由来プラセンタサプリメントを選びましょう。

 

血行を促進するサプリメント

 

ガソリンを燃やすのにエンジンオイルが必要なように、体に取り入れた栄養素を効率よく利用するためには補助材が必要です。
毛髪の成分のたんぱく質を合成するには亜鉛が不可欠で、亜鉛が働くためにはビタミンCが必要です。
自律神経を整えて毛母細胞を活性化するビタミンBは、鉄が不足すると活用できません。

 

ビタミンEは、血管の老化を防ぎ、毛細血管の血行を促進する働きがあります。
更年期に差し掛かる40代になると血液中の過酸化脂質量が急速に増加します。
酸化した脂質は血管壁に付着して傷つけるので、血管壁は次第に厚くなり硬くなっていきます。

 

血液の通路が狭くなるのですから血流は悪くなる一方で、毛髪に届ける栄養が不足します。
亜鉛、鉄などのミネラルとビタミンB、ビタミンC、ビタミンEを更年期薄毛対策のサプリメントに加えるといいでしょう。

 

ビタミンB、Cは水溶性なので体に長時間保存することはできません。
必要量を一度に摂っても体外に排出されてしまうので、1日分を数回に分けて摂るようにしましょう。

 

サプリメントは同じ内容を謳っていても、価格にかなりばらつきがあります。
成分をしっかり確かめて選ぶこと、成分に合った取り方をすることでより効果的になります。

 

 

当サイトのトップページでは、女性に人気の育毛剤「花蘭咲」(からんさ)の特徴やお得情報を紹介しています。

薄毛対策に「花蘭咲」(からんさ)はいかかでしょうか?


「花蘭咲」(からんさ)の詳細はサイトトップページをご覧ください。

更年期,薄毛,効果的なサプリメント,選び方,飲み方