MENU

更年期に不足するエストロゲン減少をカバーできる食事で薄毛対策

エストロゲンは髪の成長と密接な関係にあり、更年期になってエストロゲンの分泌が急減するのが薄毛の原因の一つになります。
食品のとり方で減少したエストロゲンをカバーできます。

 

大豆イソフラボンとエストロゲン

 

大豆イソフラボンはエストロゲンと大変似た化学構造を持ち、同等の働きがあると考えられています。
大豆や大豆加工品の納豆、豆腐、油揚げ、きな粉、味噌、醤油に含まれる栄養素です。

 

エストロゲンを補う大豆イソフラボン摂取量は1日50ミリグラムが薦められています。
納豆1パック、豆腐2分の1丁、油揚げ半分が50ミリグラムに相当します。
忙しい人や大豆製品は苦手という人は、大豆飲料を1パック飲むだけで摂取できます。

 

大豆イソフラボンは体内でエストロゲン同様に働くと同時にエストロゲンを阻害する働きを持ち合わせていると解明されています。
効果と副作用について明確になっていないので、内閣府食品安全委員会によって一日の摂取上限を112ミリグラムに定められています。

 

過剰摂取がすぐに健康被害が出るとは限りませんが、たくさん摂ったからといって更年期薄毛の予防や改善ができるわけではありません。
適切な量の摂取を心掛けるようにしましょう。

 

ゴマや亜麻に含まれるリグナンについて

 

エストロゲン同様の働きをする栄養素にリグナンがあります。
ゴマや亜麻に多く含まれる成分ですが、ゴマなら大匙1杯10グラムの摂取で、減少したエストロゲンをカバーします。

 

大豆イソフラボンのように手軽な加工食品で摂れないのが、多少ネックになります。
野菜の胡麻和えを毎回食卓に並べるのは大変ですが、サラダや冷奴、漬物など色々なお料理にトッピングするなど工夫次第で毎日摂れます。
ピーナツバタートーストの代わりにゴマペーストを使うのもおすすめです。

 

亜麻は亜麻仁油ドレッシング、スープやみそ汁、料理の仕上げの風味づけで取り入れます。
リグニンを豊富に含むゴマや亜麻仁油は、血行をよくするビタミンEも含まれています。

 

エストロゲンのかわりに毛髪の成長を助け、血行促進効果で毛髪に栄養を運びます。

 

女性ホルモンを増やす食品

 

女性は40代になるとエストロゲンが減少するのは避けられないのですが、食事によって減少するスピードを遅らせることが出来ます。
赤身の肉やタマゴ、魚などの動物性たんぱく質は、卵巣の老化を防ぐ栄養素です。

 

青み魚に含まれるドコサヘキサエン酸DHA、エイコサペンタエン酸EPA、ペプチドはモルモンを作る材料です。
DHA、EPAの血液の流れをよくする働きで、冷えからくる卵巣の衰えも防止します。

 

亜鉛はたんぱく質の代謝を補助する役割を担う大事なミネラルです。
亜鉛含有量が高い食品の代表は牡蠣ですが、レバーや牛肉、ゴマ、チーズなどに含まれています。

 

自律神経を調整するビタミンB1、ビタミンB12を欠かさないようにしましょう。
豚レバーやアサリが含有量の多い食品です。
ストレス対策にはビタミンCの多いイチゴ、ホウレンソウ、ブロッコリー、カルシウムの多い小魚、モロヘイヤ、小松菜などをメニューにしましょう。

 

 

 

大豆イソフラボンやリグニンは、更年期に減少したエストロゲンの代役を務めて更年期の薄毛を予防、改善できるようです。
たんぱく質や、亜鉛、ビタミンB、ビタミンCなどは、エストロゲンの減少をゆるやかにするといわれています。

 

 

当サイトのトップページでは、女性に人気の育毛剤「花蘭咲」(からんさ)の特徴やお得情報を紹介しています。

薄毛対策に「花蘭咲」(からんさ)はいかかでしょうか?


「花蘭咲」(からんさ)の詳細はサイトトップページをご覧ください。

更年期,不足,エストロゲン,減少,食事,薄毛対策