MENU

シャンプーの方法を見直して更年期薄毛は治る?頭皮環境の改善について

シャンプーの目的は髪の毛や地肌を清潔にすることですね。
わかりきっているようで実は間違ったシャンプーの仕方やシャンプー剤の選び方で、更年期薄毛の原因を作っているかもしれません。

 

アミノ酸系シャンプーで栄養補給

 

シャンプーの種類は高級アルコール系、石鹸系、アミノ酸系がありますが、更年期薄毛にはアミノ酸系シャンプーがお薦めです。
髪の成分の90パーセントはケラチンというたんぱく質で構成されています。

 

アミノ酸はタンパク質のもとになる栄養素で、普通は食事から補います。
体に取り込まれた栄養は生命維持に重要なセクションから使われ、毛髪は一番後回しになります。

 

さらに更年期になると自律神経の乱れから血行不足が起こり、毛髪は栄養不足がちに陥っていると考えられます。
不足した栄養を外から補ってくれるのがアミノ酸系シャンプーです。
アミノ酸には毛髪を補修する働きがあり、傷んだ髪の毛に浸透してハリやツヤが出てきます。

 

頭皮環境を整える育毛シャンプー

 

育毛シャンプーは頭皮の血行促進、栄養補給、保湿、消炎などの成分を配合して、頭皮環境の改善が期待できます。
洗浄成分にはアミノ酸系が使われ、香料や着色料、酸化防止剤などの添加物不使用です。

 

一般的なシャンプー剤はハリやコシを出すためにシリコンやポリマーが配合されることが多いのですが、頭皮のためにはいいと言えません。
育毛シャンプーは合成コーティング成分無配合ですが、頭皮を改善することで髪のボリュームがよみがえるようです。

 

ノンアルコールの育毛シャンプーは、敏感肌やアレルギーのある人でも使えると人気です。
フケや痒みに悩まされている人は、適切に皮脂を除去し皮脂分泌過剰を抑える天然皮脂配合の育毛シャンプーがお薦めです。

 

更年期薄毛を予防改善するシャンプー方法

 

シャンプーするは35度から38度くらいのぬるま湯が適温です。
熱いお湯はかえって頭皮を刺激して傷め、必要以上の皮脂をおとして乾燥や皮脂過剰の原因になります。
予洗いを充分にすれば髪の汚れはほとんど洗い流されます。

 

髪の毛より頭皮をマッサージするイメージで、指の腹を使いソフトに洗うのが原則です。
ごしごし洗うと頭皮を傷つけて、かえって抜け毛の原因になります。
シャンプー剤成分が頭皮に残ると、頭皮にダメージを与え抜け毛の原因になります。

 

シャンプーの泡が落ちてから、その2倍以上の時間をかけてしっかりとすすぎます。
シャンプー後の濡れた髪は雑菌が繁殖しやすい状態です。

 

タオルドライの後はヘアドライヤーで乾かして、雑菌から頭皮を守りましょう。

 

シャンプーは毎日するものですから、正しいシャンプーの仕方は大切です。
頭皮環境の改善が期待できるシャンプー剤を選ぶのは、更年期薄毛対策になるでしょう。

 

 

当サイトのトップページでは、女性に人気の育毛剤「花蘭咲」(からんさ)の特徴やお得情報を紹介しています。

薄毛対策に「花蘭咲」(からんさ)はいかかでしょうか?


「花蘭咲」(からんさ)の詳細はサイトトップページをご覧ください。

シャンプー,方法,見直し,更年期薄毛,治る,頭皮環境,改善