MENU

白髪染めの間違った染め方で更年期薄毛の原因になってしまう?

白髪が目立つと年齢より老けて見られがちです。
オシャレのはずの白髪染めですが、方法を間違えると更年期薄毛の原因を作ってしまいます。

 

ファッションカラーリングよりグレイカラーリングが安全だという神話

 

カラーリングは髪の表面のキューティクルを科学的に広げ、染料を髪の内部に染み込ませて発色させます。
黒髪を思い通りの色に染めるには、前段階として髪のメラニン色素を破壊しなくてはなりません。

 

毛根にある色素細胞の機能が低下したために白髪になります。
メラニン色素が作られないのだから、白髪染めはブリーチ成分が入っていないと安易に解釈するのは禁物です。

 

白髪は黒髪より染料が定着しにくい性質を持っています。
ファッションカラーリング剤がブリーチ成分に染料だと単純に図式化すると、白髪染めは色素を入れ込める染料の割合が多い薬剤なのです。

 

確かにカラーリング剤は明暗トーンが9段階ありますが、白髪染めのうち暗い2トーンにはブリーチは含まれていません。
発毛機能をつかさどる頭皮への影響を考えるとブリーチ剤、染料とも化学薬品ですから同等と考えるのが正しいでしょう。

 

グレイカラーリングが更年期薄毛になる盲点

 

白髪の割合により白髪染めの方法が変わってきます。
白髪と黒髪の染まり具合は違うために、全体をバランスよく染めるためには複雑な薬剤コントロールが必要になります。
白髪のカラーリングは発色に個人差が大きく、白髪と黒髪の差をなくす技術はプロでも習熟が必要とされています。

 

白髪だけが明るく染まって色浮きしかえって目立ってしまう、白髪と黒髪の退色速度がちがうといったトラブルがあります。
思い通りの白髪染めが出来ずに染髪を繰り返してしまうと、頭皮へのダメージはまずますひどくなります。
人の髪は一日に0.3から0.4ミリ、一か月で約1センチ程度伸びます。

 

ファッションカラーリングは徐々に退色が始まるので、極端な明るいカラーでない限り髪が伸びてもさほど気になりません。
白髪染めは1か月から2か月はしっかり色が定着するので、その分生え際の白髪が目立ちます。

 

そのため白髪染めを頻繁に繰り返すと、頭皮を傷つけて更年期薄毛につながります。
白髪染めの頻度は3か月に1回が目安です。

 

更年期薄毛を防止する白髪染めの方法

 

ヘアーカラーリングは強く化学薬品を使うので、仕上がりは満足のいくものになるでしょう。
しかし満足の代償が更年期薄毛では引き換えにしたくはありません。
ヘアダイに変わる白髪染めとして推薦できるのは、カラートリートメントやカラーシャンプーです。

 

ヘアーカラーリング剤のように頭皮への悪影響がないので、安心です。
使ってすぐに染色効果は見込めないのと、ヘアダイのような明るい色は望めませんが、毎日の使ううちに自然に白髪が目立たない色に染色されます。

 

ヘアーマニュキュアは髪の外側を染料でコーティングすることで発色させます。

 

頭皮への影響が少ない白髪染めの方法ですが、ヘアーマニュキュアが髪から脱落するときキューティクルを傷つけやすくなります。
髪が痛んで切れ毛ができやすくなるのと、3週間から4週間程度しか効果は持続しません。

 

白髪染めの方法を間違えると、更年期薄毛になってもっと深刻な悩みが生まれます。
白髪を正しくきれいに染めて若々しく毎日を過ごしたいものです。

 

 

当サイトのトップページでは、女性に人気の育毛剤「花蘭咲」(からんさ)の特徴やお得情報を紹介しています。

薄毛対策に「花蘭咲」(からんさ)はいかかでしょうか?


「花蘭咲」(からんさ)の詳細はサイトトップページをご覧ください。

白髪染め,間違った染め方,更年期薄毛,原因