MENU

更年期薄毛に効果が期待できる女性のための育毛剤とは

更年期薄毛の原因は女性ホルモンの減少や血行不良、乾燥、加齢など様々です。
原因と症状に合わせた育毛剤を使用して、更年期薄毛の改善を図りましょう。

 

血行促進タイプの育毛剤

 

更年期はストレスや自律神経の乱れから、循環が悪くなりがちです。
毛髪を作る栄養を運ぶのは血液ですから、頭皮の血流が悪くなると栄養不足になります。

 

健康な髪の毛を作り出す充分な栄養がないので全体的なハリやコシが失われ、発育の途中で抜け落ちてしまします。
更年期になって急に白髪が増えるのも、血行が悪い状態かもしれません。

 

毛母細胞が分裂して毛髪を作る過程で、メラニン色素が生成され髪を黒くします。
栄養不足に陥るとメラニンを充分に生成できなくなり、白髪が発生します。

 

手足の冷えや肩こりなどの更年期症状がある人は、頭皮も血行不良になっているかもしれません。
血行不足が原因の更年期薄毛には、血行を促進する成分や毛母細胞に栄養を補給するタイプの育毛剤に効果が期待できます。

 

男性ホルモン抑制タイプ

 

更年期薄毛の多くは全体の毛髪量が減へるびまん性薄毛ですが、女性男性型脱毛症も見られます。
40代以降になると女性ホルモンの分泌が低下してくるので、男性ホルモンの影響を受けやすくなります。

 

女性ホルモンは毛髪のライフサイクルを維持する役割を持ちますが、男性ホルモンは発毛を抑制する働きがあります。
生え際や頭頂部、分け目の脱毛が目立つ場合は、男性ホルモンをブロックする育毛剤を試しましょう。

 

このタイプ育毛剤に使われる成分にミノキシジルがありますが、濃度に注意が必要です。
男性用はミノキシジル濃度が5パーセントから16パーセントと高くなっています。
ミノキシジル配合率が高いからと言って効果が良いわけではありません。

 

また男性用育毛剤の中には、女性には副作用のあるフェナステリドが含まれるものがあります。
必ず女性専用の男性ホルモン抑制タイプ育毛剤を選ぶようにしましょう。

 

更年期には低刺激の育毛剤がお薦め

 

女性ホルモンの減少に伴い、更年期女性の頭皮はとてもデリケートです。
20代や30代の時は問題なく使えたヘアケア用品が合わなくなることがあります。
その日の体調によって肌が乾燥したり、過敏になったりと変わりやすくなります。

 

天然成分が主体で、香料や保存剤など無添加の育毛剤がお薦めです。
ケミカル成分や添加物は更年期の過敏な頭皮を刺激することもあり、薄毛対策に始めた育毛剤がかぶれや痒みなど新たなトラブルにつながるかもしれません。

 

更年期に入るとお肌の潤いがなくなったと感じることはありませんか。
これはホルモンバランスの変化でバリア機能が低下し乾燥が進んだためです。

 

肌と頭皮はつながった皮膚ですから、頭皮も乾燥しがちだと考えられます。
コラーゲンなど保湿成分が配合されている育毛剤で、頭皮を乾燥から守るのも薄毛対策になります。

 

女性の薄毛は男性と違い色々な原因が重なって起こります。
近年は女性用商品の開発も目覚ましく、特に更年期薄毛用の育毛剤は多種類のタイプが商品化されています。

 

 

当サイトのトップページでは、女性に人気の育毛剤「花蘭咲」(からんさ)の特徴やお得情報を紹介しています。

薄毛対策に「花蘭咲」(からんさ)はいかかでしょうか?


「花蘭咲」(からんさ)の詳細はサイトトップページをご覧ください。

更年期薄毛,効果,期待,女性,育毛剤