MENU

更年期薄毛の特長とは?女性に増えている薄毛の主な原因

女性ホルモンの減少による薄毛、女性ホルモンの減少によりホルモンバランスが乱れて起こる薄毛があります。
症状別薄毛の特徴とその原因をまとめました。

 

更年期に多いびまん性薄毛

 

更年期薄毛で多いのはびまん性薄毛で、女性ホルモンの減少によって毛髪周期が短くなることで起こります。

 

健康な毛穴からは複数の毛髪が生えますが、発毛本数が少なくなり毛髪が細くなるのが特徴です。

 

分け目や生え際、頭頂部の地肌が透けて目立つようになり、全体的にボリュームが無くなくなり、ハリやコシがなくなった印象になります。
ホルモンバランスの崩れがびまん性薄毛の原因です。

 

そのため、経口避妊薬でバースコントロールをしていた人が、閉経後に服用を止めると急に脱毛が起こることもあります。

 

極度のダイエットや加齢により食が細くなって充分な栄養がとれないのも、びまん性薄毛の原因だとされています。
コンビニ食やお総菜など中間食や外食は栄養の偏りがあり、食べているつもりでも栄養不足になっていることがあります。

 

 

女性男性型脱毛症の症状と原因

 

女性でも前頭部の生え際や前髪が後退する薄毛がみられます。
頭頂部やつむじが男性のように薄くなる場合もあります。

 

これは男性ホルモンの影響を受けた女性男性型脱毛症と呼ばれるものです。
短く細い抜け毛、中には産毛状の抜け毛の増加、頭皮のべたつき、臭いなどが女性男性型脱毛症の特徴です。

 

男性ホルモンは血液に乗って毛乳頭に入り込み、髪の毛を合成する毛母細胞の分裂を妨げ、毛髪が成長しにくい環境を作ります。
毛乳頭の男性ホルモンレセプターの有無は個人的体質の違いによるものとされ、遺伝説が有力です。

 

父方や母方の家系に薄毛の人がいると体質的な遺伝因子を受け継いだ可能性があります。
女性男性型脱毛症は女性ホルモンの現象とも関係があり、エストロゲンが減少し始める40歳前後から、中には30代でも発病が見られます。

 

更年期の女性脱毛の内30パーセントをしめ、年齢とともに増えていきます。
女性の社会進出の高まりによりストレスとも関係していると言われています。

 

 

頭皮の血行不足による更年期薄毛

 

毛髪は毛細血管から毛乳頭が栄養を吸収し、栄養を受け取った毛母細胞が分裂してアミノ酸からケラチンを合成します。
さらに毛母細胞は分裂を繰り返しながらケラチンと合成して、毛髪を頭皮へ押し出していきます。

 

血行が不足すると毛乳頭は髪を作る充分な栄養を受け取れず、栄養不足の毛母細胞の働きも低下します。
頭皮の血行が悪くなるのは、運動不足や喫煙、飲酒などの生活習慣があげられます。

 

しかし更年期では、自律神経の乱れが循環器に影響し、血管が収縮するのが原因です。
更年期の症状の一つに睡眠障害がありますが、更年期の30パーセントの人が閉経期不眠症に悩まされていると言われています。

 

入眠障害や中途覚醒、熟眠障害などの睡眠障害が自律神経の乱れを増幅させ、血のめぐりに影響を与えます。
頭皮の血行不良が続くと毛髪は痩せて弱々しくなり、色が褪せてきます。
そのまま放置すると髪の毛の成長途中で抜け落ちるようになります。

 

 

更年期薄毛の根本原因は、女性ホルモンエストロゲンの減少です。
エストロゲンを補充し自律神経を整えることで、更年期薄毛は予防、改善すると言われています。

 

 

当サイトのトップページでは、女性に人気の育毛剤「花蘭咲」(からんさ)の特徴やお得情報を紹介しています。

薄毛対策に「花蘭咲」(からんさ)はいかかでしょうか?


「花蘭咲」(からんさ)の詳細はサイトトップページをご覧ください。

更年期薄毛,特長,女性,薄毛,原因