MENU

女性の更年期薄毛でも相談に乗ってくれるAGA専門病院はあるの?

更年期薄毛の対策は生活習慣の改善や育毛剤、サプリメントなど色々あります。
AGA専門病院で総合的な育毛対策が受けられれば、より良い結果に結びつくかもしれません。

 

一般病院で更年期薄毛の治療は受けられるのか

 

病院の皮膚科では、頭皮の炎症や湿疹などに伴う抜け毛などの治療を受けられます。
内臓の疾患や甲状腺機能障害などから起こる薄毛の場合は、内科疾患の治療を受けることで抜け毛が改善かもしれませんが、抜け毛そのものの治療を受けられるわけではありません。

 

加齢や遺伝的体質で起こる薄毛は病気ではないので、病院の治療対象外なのです。
更年期女性に多いびまん性脱毛症、加齢から起こる血行不良や生活習慣による薄毛、女性男性型脱毛症は疾病扱いにはなりません。

 

一般の病院の血液検査やホルモン検査などのメディカルチェックで異常がない更年期薄毛は、頭髪専門のクリニックが対応しています。
女性科を併設した男性向けのAGA専門クリニックや、女性専門の頭髪専門外来も増えています。

 

女性男性型脱毛症の相談ができる専門病院

 

FAGAは女性ホルモンが減少したことで優位になる男性ホルモンの影響で起こる女性の男性型脱毛症です。
男性型脱毛症は男性ホルモンのテストステロンが5aリダクターゼという酵素と結合してジヒドロテストステロンになり、毛母細胞の受容体に入り込み脱毛を起こします。

 

女性にも男性ホルモンレセプターを遺伝的体質として持つ人があり、男性のように頭頂の薄毛や前髪の生え際の後退が起こります。
更年期薄毛の約30パーセントが女性男性型脱毛症だといわれています。

 

専門病院では薄毛発症の原因が男性ホルモンによるものかどうか受容体の遺伝子検査を実施します。
薄毛の改善には男性ホルモン抑制剤のフィナステリドと血管拡張作用や毛細血管の増設作用があるミノキシジルが使われます。
使用量や方法は薬剤投与の適応性検査と症状に基づいて、個人個人にオリジナル調合されます。

 

びまん性薄毛の相談ができる専門病院

 

髪の本数が減ったり髪が細くなったりして、全体のボリュームが失われるびまん性薄毛の改善に、プラセンタ療法を行う専門病院があります。
プラセンタには女性ホルモンの減少で毛髪の成長期が短くなったヘアサイクルを正常化する効果が期待できます。

 

加えて頭皮の血行促進や、毛母細胞の増殖の活性化など頭皮環境を整える働きがあります。
プラセンタとミノキシジルを中心とした育毛カクテルや、皮下注射などの施術のほかに、生プラセンタサプリメント、亜鉛、アミノ酸、ビタミンを配合した栄養サプリメント、頭皮塗布用のミノキシジル外用薬などが補助的に使われます。
頭髪クリニックで更年期薄毛の改善を目指すには3か月から6か月以上の通院が必要です。自宅や職場から通いやすい立地や診察時間を考慮しましょう。

 

 

いずれのクリニックも事前に専門家による無料カウンセリングが受けられます。
毛髪クリニックは自由診療なので、検査や薬の処方、治療は自己負担になります。
カウンセリング時に1か月あたりの負担額や総額を確認しておくと安心です。

 

 

当サイトのトップページでは、女性に人気の育毛剤「花蘭咲」(からんさ)の特徴やお得情報を紹介しています。

薄毛対策に「花蘭咲」(からんさ)はいかかでしょうか?


「花蘭咲」(からんさ)の詳細はサイトトップページをご覧ください。

女性,更年期,薄毛,AGA専門病院