MENU

更年期薄毛への対策なら生活習慣をみなすべき?そのポイントとは

毎日の生活習慣は、人の健康や若々しさにも影響します。
更年期薄毛も生活習慣を見直すだけで改善の糸口が見つかるかもしれません。

 

食生活の見直しで失敗しない方法

 

更年期の育毛にいいとされる食品には、減少したエストロゲンをカバーする働きのある大豆や大豆加工品、髪の毛の成分になる赤身肉などの良質なたんぱく質、血流を促進するDHAとEPAが豊富な青魚などがあげられます。
こってりした食べ物が好きで脂肪の多い肉や揚げ物が多い食生活は、育毛には不適切です。
炭水化物を好む人は糖化がすすみ頭皮が固くなって脱毛を起こしやすくなるといわれています。

 

反対に育毛にいいといわれている食品ばかりが食卓に並ぶ生活では、ストレスを感じます。
人は大好きなものを食べるとエンドルフィンという幸福満足ホルモンが分泌されるのです。

 

更年期薄毛対策の妨げになったとしても、毎日の食生活でストレスをため込む方が悪い結果をもたらしているケースがあります。
好きなこってりお肉料理が食卓に並ぶ回数を減らしたり、量を調節したりして食事に満足しながら育毛にいいバランスの取れた食生活にトライしましょう。

 

質の良い睡眠習慣

 

髪の毛を成長させる毛母細胞は夜に活発になります。
つまり育毛と睡眠は、密接なかかわりを持っています。
更年期になると寝つきが悪くなったり、ホットフラッシュや頻尿のせいで目が覚めたりと質のいい眠りがとれないこともあります。

 

入浴方法を工夫すると睡眠障害を解消し心地いい睡眠が叶います。
就寝予定時間1時間から2時間前に、38度程度のぬるめのお湯をバルタブに溜めゆっくりバスタイムを過ごしましょう。
お風呂に入って不快と感じることがないのは、エンドルフィンが脳内から分泌するからです。

 

エンドルフィンの鎮痛効果はモルヒネの6.5倍に相当するとレポートされています。
お風呂上りにはビールや酎ハイなどを飲むのが安眠を約束してくれそうですが、アルコールは交感神経を刺激し睡眠を阻害します。

 

お薦めの飲み物は抗酸化作用のあるポリフェノールをたくさん含んだチョコレート飲料です。
チョコレートに含まれるカカオ成分はエンドルフィンを生み出す作用があり、ぐっすり眠れます。

 

ストレスを溜めない生活習慣

 

ストレスは薄毛の原因の一つですが、更年期はエストロゲンの減少でストレスに過敏に反応しやすくなるようです。
プライベートでも仕事でも人生にストレスはつきものです。

 

反対にストレスが全くなくなると、生きる気力をなくすといわれています。
ストレスそのものが悪いのではなく、ストレスを上手く処理しきれなくて鬱積した状態が続くと心身に影響が現れます。
起きる時間や寝る時間、食事、入浴、仕事、休憩などの生活を規則正しく送るようにしましょう。

 

生活のリズムが乱れると、体の体内時計も狂いやすく、ストレスに弱くなります。
毎日の生活を予定通りにこなすのは、気分を上手くコントロールする習慣にもなります。
楽しみになる趣味を持つのは、生活のメリハリを作ります。

 

体を動かるのがストレス解消に一番効果的だと言われていますが、ジョギングやテニスなど本格的なスポーツでなくても構いません。
ホットヨガやフラダンスはゆっくりした動きがリラクゼーションを生みます。

 

 

バランスのとれた食事と質の良い睡眠、そしてストレスを溜めない生活が更年期薄毛の改善につながるようです。
更年期薄毛にいい生活習慣を一度に実現しようと思わずに、少しずつ取り組んでください。

 

 

当サイトのトップページでは、女性に人気の育毛剤「花蘭咲」(からんさ)の特徴やお得情報を紹介しています。

薄毛対策に「花蘭咲」(からんさ)はいかかでしょうか?


「花蘭咲」(からんさ)の詳細はサイトトップページをご覧ください。

更年期,薄毛,対策,生活習慣,