MENU

ヘアカラーリングのやりすぎで薄毛に?更年期薄毛の意外な原因

ポピュラーな髪のオシャレのヘアカラーリングが、更年期薄毛を引き起こす原因になっているのでしょうか?
ヘアカラーリングの薬剤の正しい知識をもとに、使い方について考えていきます。

 

ヘアカラーリング剤と副作用について

 

へアカラーリングにはヘアダイ、ヘアマニキュア、ヘナカラーがあります。
ヘアカラー剤は毛髪表面のキューティクルをこじ開け中に浸透し、コルテックスにあるメラニンを分解し染料を定着させます。

 

化学薬品ですので毛髪はダメージを受けますが、発毛機能に影響を及ぼすわけではありません。
ヘアカラーをする際に薬剤が頭皮に付着することは避けられません。
薬剤によって頭皮はただれやかゆみと言った炎症を起こし、毛根がつまり薄毛の原因を作ります。

 

ヘアマニュキュア髪の表面をカラーでコーティングする方法です。
頭皮への影響はヘアダイより少ないとされていますが、かぶれや湿疹などの副作用から薄毛を引き起こします。
天然染料のヘナでカラーリングする方法は、ヘアダイのように色素を破壊せずに染髪します。
頭皮への刺激はほとんどないと言われています。

 

ヘアカラーリング剤から頭皮を守る

 

自分で染髪すると費用面でのメリットは大きいのですが、頭皮につけずにカラーリングするのはとてもむつかしくなります。
ヘアマニュキュアの色が保てるのはおおよそ1ヶ月なので、薬剤使用頻度が多くなります。

 

薄毛の原因を作りたくないのなら、美容院でのカラーリングをお薦めします。
一般に市販されているヘアカラーリング剤にはきれいに発色させるために強い化学薬品が使われているものが出回っています。
天然素材ヘナは比較的安全な染料ですが、色がつきにくい性質があります。
ヘナと謳いながら化学薬品を混ぜて、仕上がりの見た目をよくした製品もあります。

 

どんな薬剤が使われているか、専門知識がないと判断がむつかしいですね。
専門家に任せるのが一番安心といえるでしょう。
薄毛の原因を作りたくないのなら、専門家に任せるのが1番です。

 

正しいヘアカラーリングで更年期薄毛を防ぐ

 

更年期になるとホルモンバランスの乱れやストレスから白髪が急に増えるのも珍しくないことです。
頭頂部の白髪はさらに薄毛が目立つ印象になります。
ヘアカラーリングは黒い髪と頭皮とのコントラストを和らげるので、薄毛が目立たなくする効果もあります。

 

気になる白髪と薄毛の悩みを一気に解消してくれるヘアカラーリングですが、頻繁にカラーリングしたりリタッチしたりするのは頭皮によくありません。
ヘアダイの場合は、3か月に1回程度を目安にするのがいいと言われています。

 

ヘアカラーリング専用のシャンプーやトリートメントで頭皮の保護をしっかりと行うのも大切です。
特に白髪ケアには色素のない髪に効果のあるヘナカラーリングを美容院でしてもらうようにしましょう。

 

 

ヘアカラーリングには薄毛を目立たせなくしたり、髪のボリューム感を出したりというメリットがあります。
短期間に繰り返しカラーリング、自己流の染髪方法、不適切なカラーリングとのケアを避けて頭皮を守りましょう。

 

 

当サイトのトップページでは、女性に人気の育毛剤「花蘭咲」(からんさ)の特徴やお得情報を紹介しています。

薄毛対策に「花蘭咲」(からんさ)はいかかでしょうか?


「花蘭咲」(からんさ)の詳細はサイトトップページをご覧ください。

ヘアカラーリング,薄毛,更年期,薄毛,原因