MENU

更年期薄毛につながってしまうストレスへの対処法とは

ストレスは更年期薄毛に悪い影響を与えるのは明白ですが、間違った対処法ではストレスを増やすかもしれません。
更年期特有のストレス対処法について考えていきましょう。

 

ストレスを分かち合うこと

 

更年期になるとエストロゲンの減少からホルモンのバランスが乱れストレスと受けやすい状態です。
ストレスは自律神経の調整にも影響し、血行不良や睡眠障害が起こりやすくなり抜け毛の原因になります。
ストレスそのものを悪い事、不愉快な事を決め付ける必要はありませんが、うまく解消してため込まないことが肝心です。
心配事や体の不調を分かち合える人を作るようにしましょう。
パートナーとの関係が良好な人ほど、更年期症状も軽いと言われています。
両親や姉妹といった身内、親しい友人でもいいでしょう。
薄毛を気にしていることが心の負担になってさらにストレスを増やしている場合もあります。
薄毛クリニックや皮膚科などの専門家に相談をしてみるは根本的な不安を解消してくれます。

 

セロトニンでストレスを解消する

 

ストレスの解消には食事、睡眠、労働などの生活パターンを規則正しくするのがいいとされています。
更年期特有の不快感で生活をうまくコントロールできないこともありますね。
栄養バランスの良い食事を摂ろうとしても食が進まない、決まった時間に就寝しようとしても寝付けない、体がだるく息切れがして効率よく仕事ができないなど、頑張ろうとすると反対にストレスになります。
早朝のウォーキングやジョギングなど軽い運動を生活習慣に取り入れてみましょう。
太陽の光には幸福感をもたらす神経物質セロトニンを放出させる働きがあります。
ヨガなど腹式呼吸を意識的にすることでもセロトニンが作られます。
セロトニンは気分の落ち込みや不眠を解消する作用があるので、ストレスが軽減できます。

 

癒しのホルモン・オキシトシンとは

 

オキシトシンは恐怖感や不安感をもたらすノルアドレナリンを抑制し、脳と心を癒しストレスを緩和します。
両手がふさがった人に代わってエレベーターのボタンを押してあげる、電車で席を譲ってあげる、おはようございますと挨拶するなど他人に親切にすると分泌されるので思いやりホルモンとも呼ばれています。
地域活動やイベントのボランティアスタッフや、ボランティアの観光案内係、日本語教師などの活動はオキシトシンの影響でいいストレス解消になるでしょう。
オキシトシンは恋愛ホルモンという別名も持っています。
恋愛映画やドラマを観たり、大好きな音楽を聴いたりすることでも効果があります。
ペットの犬と散歩中に喧嘩は起きないとよく聞きますが、これはペットに愛情を感じ触れあうことでオキシトシンが分泌されリラックスした状態だからです。
動物好きで家族の了解が得られるのなら、ペットとの触れ合いのある生活は更年期ストレスを解消してくれるでしょう。

 

人の体のメカニズムは想像以上に神秘に満ち精巧に構成されています。
大声を上げたり、何かに八つ当たりしたり、食べ物に走ったりするのは、興奮ホルモンのドーパミンやノルアドレナリンを分泌するのでストレス解消にはなりません。
更年期薄毛を引き起こすストレスの解消法は幸福ホルモンを作動させましょう。

 

 

当サイトのトップページでは、女性に人気の育毛剤「花蘭咲」(からんさ)の特徴やお得情報を紹介しています。

薄毛対策に「花蘭咲」(からんさ)はいかかでしょうか?


「花蘭咲」(からんさ)の詳細はサイトトップページをご覧ください。

更年期,薄毛,ストレス,対処法